ぼくの声は届かない

ジャニヲタの一人言(長文編)

備忘録:初・一人遠征での準備in北海道

 

こんばんは!

今日のブログは私、まつやまの遠征記録です。常日頃地方各地に行かれている皆様なら至極当然なことかもしれないのですが、わたしにとっては全てが新鮮なことだったので記録に残したいと思いました。今後、遠征にほぼ一人で行かれるかもしれない方のお役に立てますように…!

 

今回参戦したのはHey! Say! JUMP I/O Anniversary Tour 2017」札幌公演です!

 


f:id:uusabukure:20171018032006j:image

 

横浜公演全滅してかなり落ち込んでいたところに、誘ってくださったヲ友達のご好意に甘えてオーラス入ってきました。ありがとうございました!

 

ヲ友達さんとは、公演や食事は共にしたけれど、時間や準備のタイミングなどの都合もあるのでホテル、飛行機は別にしました。なので、実質一人旅みたいなもんです。友達と旅行したことはあっても、すべて会社に委託していたので、全部自分でセッティングするのは今回が初めて。

 

そんなわたしが遠征の準備をするにあたって、譲れなかった条件はこちら。

☆全部公演を見届けること

☆次の日、必ず学校に行けること

☆なるべく寝られる時間を得ること

☆安心安全なホテルであること

 

こういうのはプランを考える上で重要な軸になるので、妥協したくないところをまず考えた方が良いかもしれません!私の場合は、この軸を基に、「余裕のある時間帯に現地に到着し、公演を終えて北海道に一泊、朝一の便で東京へ!」という枠を最初につくりました。あとはそこに当てはまるものを組み立てていこう!

 

 

遠征をすることがきまったならば…

 

1,とりあえず飛行機のチケットを確保

JALANAとかだと「旅割35」という出発当日までの日にちによって割引される額が異なりました。遠いと20日刻み、近づくと10日刻みくらいでも金額が変化します。期間が一つずれるだけでも1000円ぐらい違いました!たかが、と思うことなかれ。1000円あったら自担のフォトセ買ってもおつりが来ます。片道1公演分以上の額を出して行くのですから、逆算して、どの便にするか、前のりするか悩む期間を設けるべき。ネット予約をしたら代金は前払いになるので、お財布に余裕がなかった私は、1ヶ月ずつ予約をしました!公演に間に合わなきゃどうしようもないので、私は行きを先に確保。ANAをご予約の方は、コンビニで支払した際にいただく確認書類をかならず写真に撮るか、もって行ってくださいね!2次元QRスマホで発行するのにそれに記載された確認番号が必要です!

 

あと、わりと迫ってきてからJAL,ANAのチケットを購入する場合は、金券ショップで株主優待チケット(4000円程度)を購入するのも手かなって思いました(^◇^)それがあれば、飛行機チケットを定価の半額で購入できます!

 

 

2.宿泊施設を確保せよ!

 会場付近がよいか、空港付近がよいか、ホテルをとるかネカフェで時間を潰すか…悩むポイントはたくさんありました~(;;)私は、万が一にでも怖い目に遭いたくなかったこと、朝イチの便で出ることが決まっていたので、新千歳空港内のホテルを取りました。一泊朝食付き、温泉が11時くらいまでなら無料で、八千円!ソファとテーブル、化粧台、ベッド、ユニットバスのあるこぢんまりとしたお部屋でした。朝早い方がいいなど、こだわりがなければ前日に安くとれるホテルもいっぱいあるみたいなのでご自身のプランにあわせてください♪

 

 

3.現地での服装はぜひ検索を

 参戦服ね!困ったわ!!しかも10月の北海道!朝から夜までいますからね!北海道の気温を調べて、それが東京のいつ頃と同じなのか検索したり、2日くらい前にTwitterで検索をかけたりしました。検索ワードは「北海道 寒い」「北海道 服」など。「薄めのニットをきてます」「薄手のコートとかあるといいよ!」と書かれていたけど、ミニスカートは寒いからヤメロとはなかったので、着て行ったら非常に寒かったです。周りの女性陣、割と足下に布があって、そらそうか、と一人で納得しました。晴れていたのが救い。でも、最高気温12度、最低気温6度の世界は、カイロや分厚いコートを使うほどじゃなかった。長時間外いたらたぶん死んでたけど!合言葉は「とりあえずヒートテック!」

 

ちなみに、私の服装

上:MA-1、薄目のニット、ヒートテック、キャミソール

下:ミニスカート、ストッキング、靴下、マーチンブーツ 

 

 

4.荷物は見極めろ

 まーーーーーーじで普段から荷物多い人間なので、大変でした。ついついあれもこれも、と入れてしまったのが良くないんですよね。訳のわからん小さいポーチがいっぱい入っていたり、読むかもわからない重いパンフを持ち歩いたり、何がなんだか。さあ皆さんご一緒に、「もしかしたら、は絶対にない」!!化粧品、うちわ、財布と双眼鏡、チケット、ペンラあればコンサートは十分です!

 

そのなかでも一番かさばるのは服。本当に必要な服かを吟味しましょう!トップスを変えるくらいで、ボトムが二日くらい同じのでも死なないからな!!あと、お土産が入るくらいのスペースもカバンに残すと◎(^◇^)一泊くらいならリュックとツアーバッグでどうにかなる!

 

ちなみに、私の東京からの荷物リスト

<リュック編>

ヘアピン、ゴム、ヘアアイロン、服(ニット×2、スカンツ、キャミソール、下着、靴下)、教科書、レジュメ

<ツアーバッグ編>

ペンラ、双眼鏡、長財布、筆記具、手帳、パンフレットスマホ、音楽プレーヤー、イヤホン、化粧品、くるすけ、うちわ、ペットボトル、食料、パスケース、カイロ、マスク、タオル、ハンカチ、ティッシュ

 

 

以降、現地での注意点です!

 

5.スマホアラームに注意

日常的にスマホのアラームを使用している人!本当に気を付けましょう。機内にウィークエンダーが鳴り響くの、めちゃめちゃ恥ずかしいです。一人一人が気を付けないと、「Hey!Say!JUMPのファンって…」というような、悪い印象を周りの皆さんに植え付けてしまうことに繋がるのかもしれないですもの。本当に反省しました。イヤホンしてると本当に気づかないので、事前に必ずチェックしてください!!!!

 

 

6.お土産は事前に吟味する

遠征メインで行くと、意外と買う時間がないんですよ。なので、買いたいけど時間があまりない場合は事前にググってリストアップしておきましょう!

 

7.終電時刻の確認

ちなみに、札幌から新千歳空港への最終電車、何時かご存じですか?21:51です。やばいっしょ?どの会場でも、逆算して動きましょうね!

 

8.お金は事前に下ろそう

どこにでも、あると思うなATM。私が探しにいきましたところ、真駒内セキスイハイムアイスアリーナから徒歩七分くらいのところにようやく郵便局を発見。コンビニはあるけど、そこに必ずATMがあるわけではないです。東京、神奈川の感覚に慣れないでください!

 

 

こんな感じでしょうか?これからそれぞれツアーが始まるグループがありますので、それに向けてご準備される初心者の方、ぜひ反面教師としてでも参考にしてみてくださいね!