ぼくの声は届かない

ジャニヲタの一人言(長文編)

Hi Hi JETs 7MEN侍公演にいった話

 こんにちは! 

16歳のジャニーズJr.にはまり、チケットを増やす平成最後の夏…。

どうも、まつやまです。人生楽しいね!

 

今回はHi Hi JETs7MEN侍の合同公演に参戦して参りました。

初のHiほぼメイン公演。すごい楽しみでした。

 合同との違いも楽しめるかなと、わくわくで1700番台一般チケBBAこと私と猪狩担の友人、入場。

 

こないだ合同入ったときに学んだんですけど、Jr現場ってファンレターボックスあるんですね!小規模公演ばんざい。ドリボは申し込まなかったけど、ステフォ買ったりお手紙入れたりしに行きたい(気が早い)。そんなこんなで、私は作ちゃんと猪狩君に僭越ながらお手紙を書かせていただきました。忘れずにファンレターボックスにいれてきましたーーー^o^) 

 

Jr担ぽいことやってんな~~~!*1

 

作ちゃんに激重キモレター押しつけちゃった~~~~~!ゴメンな~~~~~!自分で書いておいてアレだけど、あんなん読むのホント可哀想(^-^; 修行?皆ファンレターって何書くんですか…?

 

 

 

1700番台なのでバルコとステージをつなぐ階段真下をゲット。おもっていたよりも視界良好。なんなら合同の1400番台より全然よかった。ていうか、アリーナ・ドームクラスで飼い慣らされたデビュー組のヲタクだからなんだって近い。

 

 

上手にいくオタクが多かったからと、『FIRE!!!』作ちゃんが観たいからという勝手な理由で下手を陣取る私、それに巻き込まれる猪狩担(だってどこでも良いっていったから…ごめんね)

 

そして自分を優先したあまり、期待をことごとく裏切られ上手にくる作ちゃんーーーー

ウーン、かみあわなさが絶妙なマリアージュを奏でていた(?)

 

 

終わって考えてみたら、べつに下手にもくるので作ちゃんを見る上で特に差し支えはなかったです。『FIRE!!!』で私が最も推す振り付けがしっかり見られたからわりと満足。MCとだぁ~くねす、テンションとかはちょっと残念だけど…。上手の良さもきっとあると思うので次の単独は上手行きます。こうしてお目当てによって位置を変えられるのもスタンディングで他ステできることの利点ですね(^.^)♡

 

いやしっかし…

7月30日の作ちゃん美形だった…!!!

 

実は前回の合同の時は足下が全然見えず、お顔単体で判断したらすこしぽちゃっとした印象を受けまして。「思ったよりも子どもっぽいな」と思っていました。が!バルコニーに来たときにそんな事全くないことを知る!お顔の幼さに合わないスタイルのよさ。足なっが!!!!!背たっか!!!!!!!嘘でしょ(ホント) マネキンってかお人形みたいにおきれいで本当に驚く。なんなの。遺伝子の勝利!!!!!

 

一発目の『みなみなサマー』、ステージで一番高いところから出てくる演出がコンサートっぽくて大好き!冒頭のコール、B少年の存在がっつりかきけしてて笑いました

 

『Shake it up』にある作ちゃんスーパーダンスタイム(仮)、今回は普通に踊ってたましたね…!かわいいからオッケー!顔が大正解!(極甘)

 

 

今さらまたは検討違いかもしれませんが、作ちゃんってすごく振りの流れがなめらかでいいですよね…上品…スペースジャーニーの振り付けが可愛すぎておったまげた…!!!!もう一回みたいから次のYoutubeで更新してください…(貪欲)

 

そういえば『スペースジャーニー』にて佐々木くんが出遅れて、作ちゃんたちのいる右手バルコニーに合流した時に作ちゃんが「なにやってんだよ!笑」のノリで佐々木くんのお背中を叩いていて…ときめき。リアルDKみがっょぃ

 

『だぁ~くねすどらごん』ではなぞの花男しばり。全員サングラスかけて(作ちゃんはなぜか女役かつケーキのめがねだったけど)たのもHiHiかわいいJETsさんだった~~~~!!!大人に怒られないかひやひやしているらしいけどマンネリ解消しようとしてくれる気持ちがうれしい!!!ありがとう!!!

 

そして合同から気になっていた『シンデレラガール×サマーステーション』!!!あれって、皆さまがかなり行きなれてるからもう騒がないだけですか…?親和性0、相容れない2曲をめちゃめちゃ無理やり絡ませててすごい面白くて行く度笑っちゃう。やっぱりジャニーズはこうでなければいけないよな(?)生歌なのか、猪狩くんの声がしっかり入っているのもいい。彼のキャラと曲がミスマッチだけどそれがまた猪狩くんの良さだと私は思っています。

『シンデレラガール』をゆうぴとシンメで踊る作ちゃん、金の装飾が施されたロング丈の白ジャケット衣装も相まってすごく王子さま。絶対三食フランス料理(王子イメージが貧困)!ひざまづく振り付け入れてくださった方どなたでしょう…?!金一封差し上げたい。全日本王子選手権あったら山田涼介*2とタイマンはれるレベル。次期王子候補待ったなし。ていうかもはやダニエル・スターだった。作ちゃんは生きるサンリオなんですね。

 

 

トークコーナーは、やはりゆうぴーがすごく頑張っているんですね…!HiHi問題児JETsをまとめるの大変だよね~~~!?私なら放棄してるよ!?(誰)

涼くんのチャラ(ンポラン)さ、みじゅの辛辣さ、作ちゃんの(あのなかでは比較的)優等生な天然さ、猪狩くんのツッコミ、ありゃ~大変だぁ!しかも自分手動で喋ってたら後輩ズが遠慮なく突っ込むんだもの。ゆうぴに役職手当てお渡ししたい。

私が観た回は、Twitterでも少し賑わっていた通り、大声だして参加してくるお客さんが多い回でした。元気なお客さんのことをダークライだの「ラスボス」っていうゆうぴ、オブラートに包みまくって遠回しに攻撃してるの最高だね??そして頑張ってネタを振り絞って、今日あったことを話してくれるの嬉しい!ありがとうゆうぴ…(;;)猪狩くんたちがトーク中にちゃちゃいれてくるお客さんのこと「(メンタルが)つよい」っていうのめっちゃ面白い(笑)(笑)(笑)しっかり「もう構わないからね! 」って言ったゆうぴも、いいよいいよと言いながら若干バカにする猪狩部長も偉い…。なんにもしてなくてもファンにかわいいよって言われちゃうから大変だね…。冒頭で少しお客さんからの声を受け入れた部分があったとはいえ、限度って大事ですよね。これがJr.現場での当たり前なのかと思っていましたが、今回特にひどかったみたいですね💦自分のファンはこういう人なんだって思われるのも嫌だろうし、なにより嫌いになられたくないので慎みたいですね!

 ちょいちょいぼそぼそ頑張って間に入ってひろう作ちゃん、おそらくあまりトークが得意ではないのに、頑張ってるんだなと思いました…(;o;)ただ作ちゃんそんなに声が通らない子なのであんまり聞こえないのね…。『裸の少年』のくだりで辛いもののロケが大変だったことについて、「あれは本当に大変だった。あのロケいくと俺頑張っているなと感じる(ニュアンス)」って言うの、すごく愛おしかった。だよね得意じゃなさそうだもんね…。ていうかしゃべれなくてもいるだけで可愛いからいい(極甘part2)

そのほかUSAゲーム*3をやる5人も可愛らしかった。イタリアで「パスタうまい」と作ちゃん。コロンビアをふられて「知らない人いっぱい~」と言い、約1巡したところで「飽きた、つまんないよ」っていうはしもっっちゃん、キャラブレ0すぎて好きだよ。

 

 

ゆうぴの髪型がパーマふわふわにかかっているお話から「作間は髪型変わんないよね」ってゆうぴがふってくれたときに「そうかな~」って行っていたのめちゃかわいい。2014年冬の時点で既に同じ髪型だったよ…!?変わらない派のさくゆとみじゅ、変える派のいがはし。はしもっちゃん、たしかに髪色ころころ変わるよね。気付いたらヘアカラー出来る歳になったんだなあ(今更)

 

ジャニーズお家芸の太鼓をローラーでやるとは思わず衝撃。あれ大変そう。

キスマイによくあるバンクもシュンシュン滑っちゃってかっこよかったなあ。ローラー技術班はやっぱりいがさくなんですか?華がある。ブルーの照明が映えてほんとうに綺麗。急な坂を登るの勢いとかも必要だろうし、結構転んだりする印象があるんですけどノーミスだったのすごい。にかちゃんたちみたく、もっと高レベルな技にも挑戦してほしい!ていうかバンクのうえで歌うさくちゃん単純に王子だった。かっこよすぎてこまっちゃうネ!!!

 

『One in a milion』でのスクリーン使用!!!無限に増えるはしみじゅ!!ジャニーズお家芸キター!!!!!ライトセーバーも大きくて回すのすら大変そうだし、上に上げるのも重くて辛そう(バトンを扱うのがそもそも苦手な私)だから、本当に頑張っているのを感じました。難なくやりこなすハイハイパイセンさすがっす!

 

「俺たちのこと大好きですか?」ハイハイ/で終われるの、すごく楽しみだったから実際にできて感動。HiHiJETsの皆様、素敵な公演をありがとうございました。とても楽しかったです。ファンレター何かこう。とりあえず整理しようと思ってブログ書いたけどやっぱりきまんないなあ~~~~^^;

 

 

 

私はいま、作ちゃんの感情の全くこもってなさそうな投げチューが欲しくて仕方ない。

*1:Jr担はファンレを書いて名前入りキンブレを振る生き物だと思っている

*2:山田担は彼の口の悪さや庶民ぽさをしっていてもなお山田涼介を王子だと思っているフシがたぶんある

*3:DA PUMPの曲がもとになったゲーム?「♪カーモンベイビー◎◎(国名)」とふられたら、そのひとはその国のイメージをリズムに乗って言う